ミステリー

ありふれた祈り

いろいろな事を考えさせられる深い本だった。 ミステリーというよりも「祈り」と「赦し」の本。 背景描写も登場人物の心理描写も 素晴らしく 静かに落ち着いて心に訴えかけるのは 翻訳も良かったからだろう。 ただ自然信仰と神道と仏教を足して割ったような…

死のドレスを花婿に

2章に入った瞬間に 筋立てが読めたけれど一気読み。 結局アレックスからイレーヌ 本書と遡って読むことになったけれど 私的にはこの順番で良かった。 他の2作と違って凄惨な場面は無く心理戦。 正直最初のソフィーの章を読み切るのは 少しくどくて辛抱が必…

悲しみのイレーヌ

面白かった。満足のいく本でした。 アレックスを先に読んでいたので 結末はわかっていたけれど それがまったく気にならない しっかりした筋立ての中身の濃い作品でした。 ただこれだけの事件を起こした動機がいまひとつ ぼんやりした感じがして それだけが唯…

朱鳥の陵

読み応えのある本だった。 歴史、ミステリー、ホラー一つに定まらない内容を散漫にする事なく 一気に読ませてくれる。 ただ歴史オタとも言える私でも 冒頭の部分でやや腰が引けてしまうほど 当時の官職名、言葉使い、人名が忠実に再現されている。 持統天皇…

折れた竜骨

一気読み♪魔術が少し顔を出すファンタジーの味つけのミステリー。 最後の謎解きの部分は まるで クリスティーのポアロの謎解きのようで 思わず笑みが浮かんだ。 前半から少しずつばらまかれたほんの小さな言葉 出来事が伏線になって最後に ああなるほど と感…