朱鳥の陵

読み応えのある本だった。

歴史、ミステリー、ホラー一つに定まらない内容を散漫にする事なく

一気に読ませてくれる。

ただ歴史オタとも言える私でも 冒頭の部分でやや腰が引けてしまうほど 

当時の官職名、言葉使い、人名が忠実に再現されている。

持統天皇については 永井路子「茜さす」「美貌の女帝」

有名所では里中真智子「天上の虹」などである程度のイメージがあったけれど

この本では彼女の政治家としての部分ではなく 

どこまでも「女」としての情念の凄まじさについて書かれている。

とても面白い本だけれど誰にでも薦めるとは言えない本かな

 

 

朱鳥の陵 (集英社文庫)

朱鳥の陵 (集英社文庫)