ありふれた祈り

いろいろな事を考えさせられる深い本だった。

ミステリーというよりも「祈り」と「赦し」の本。

背景描写も登場人物の心理描写も 素晴らしく

静かに落ち着いて心に訴えかけるのは 翻訳も良かったからだろう。

ただ自然信仰と神道仏教を足して割ったような考え方を持ってる私には 

どうしてもキリスト教の教えを骨にして書かれているこの本の

作者が伝えたかったであろう事は 

心の底からは やはり理解できない部分が残る。

それでも 読んで良かったと思える 深い本だった。

 

 

ありふれた祈り (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ありふれた祈り (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)