魔導の系譜

 面白かった。

しかしファンタジーを読んでいるという感じは薄かった

異世界の物語だがそれに伴う世界観がほとんど見えてこないからだろう。

作者は少数派に対する差別を心底伝えたかったようだが(続編でも同じらしい)

魔導師に対する蔑視にここまで固執する必要があるのかと

少し疑問に思った。

文章はよどみなく違和感もなくとても読みやすくて良かった。

 

でもやはり読み終わってもファンタジーという気がしない まぁ続編も読むけどww

 

 

魔導の系譜 (創元推理文庫)

魔導の系譜 (創元推理文庫)