満願

よくできた短編集だった 

しかし すべて物語の半分ほどで結末は想像できた 

以前 阿刀田高氏の同じような短編ミステリー集にはまり込んだような 

ぞくぞく感と怖さは 残念ながら感じられなかったが...

 

 

満願 (新潮文庫)

満願 (新潮文庫)