盤上の向日葵

読み始めてすぐ まるで砂の器だ 

と思ったら柚月さんがインタビューで

「私の中にあったテーマは「将棋界を舞台にした『砂の器』」なんです。

松本清張先生には及びもつかないですが、

親子の葛藤と人間の業を描いた『砂の器』の世界観を

投影したかったんです。」と話されていた 

しかしここまで似てていいの?と思ったが..

読みやすいので一気に読める 捜査は単純で謎は無い 

私的には上条の心情をもっと厚みをもって書いて欲しかったし

せっかくの石破のキャラを

まったく生かし切っていないのが残念だった

 

 

盤上の向日葵

盤上の向日葵