英雄の書

「悲嘆の門」からの逆読み。

こちらは最初からダークファンタジー 

とても好みだった 

実はブレイブストーリーのような感じだったら 

ちょっと残念かもと思っていたのだが 

あちらよりもダークで重く面白かった 

罪と罰 罪と贖罪 罪と法 罪と許し 

人の根源的なものを考えさせられる「物語」だった 

上巻のこの物語の中の世界観が語られる部分で 

投げ出さず是非最後まで読んでもらいたいと思う

 

 

英雄の書〈上〉 (新潮文庫)

英雄の書〈上〉 (新潮文庫)

 

 

 

英雄の書〈下〉 (新潮文庫)

英雄の書〈下〉 (新潮文庫)