星水晶の歌

シリーズ最終章

丁寧にゆっくりと語られる物語は

人によっては途中で飽きてしまうかもしれないが 

文章が綺麗で読みやすいのでここまでここまで読んできた 

が 犠牲が多すぎる(涙 

そして最後まで私にはリーヴの物語の中での存在意義が

よくわからなかった 

素晴らしい世界観を持つ大河ドラマのような物語だが

辛抱強い人じゃないと 読むのはつらいかもしれない

 

 

 

星水晶の歌 上 サラファーンの星 (創元推理文庫)

星水晶の歌 上 サラファーンの星 (創元推理文庫)

 

 

 

星水晶の歌 下 サラファーンの星 (創元推理文庫)

星水晶の歌 下 サラファーンの星 (創元推理文庫)

 

 読んだのは Kindel版ではないが 文庫版がここに貼り付けられないので...