全8巻読破 

終わった

後半は怒涛の展開 面白かったけれど 

全編をとおして まるでテレビのドラマのような 

場面展開は そこで気持ちが途切れ 

好きではない 

このような手法をとる作家さん結構いますけどね 

全編読んだ感想は とても立派な骨があるのに 

肉付きが薄い..

もっと おいしい肉がつけられるはずなのに.

この作家さんは という感じ 

何度も書くけど面白いんです 

だからこそ 読み終わったあと物足りなさを感じてしまう 

弥勒シリーズのような厚みが欲しかったなぁ...

 

 

 

燦8 鷹の刃 (文春文庫)

燦8 鷹の刃 (文春文庫)