蜜蜂と遠雷

2次予選のあたりまでは引き込まれ一気に読んだ。

がそこから先は正直退屈で読むのが少し辛かった。

絶讃のレビューばかりだけれど.. 

 

恩田さんの本は何冊か挑戦したけれど やはり私には合わないようだ。

言葉の装飾を削ぎ落とした後に残る骨格は

ありふれていて終わり方も無難で 爽やかな終わり方といえばそうだが 

あら これでおしまいなんだと拍子抜けした。

2次予選のあたりまでは買っておこうかと思ったが 

結局図書館本で良かった 3ヶ月待たされたけどw

 

 

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷