滅びの鐘

オーリエラントシリーズと違い時代が行き来しないので 

その点では読みやすい 

読後感はまず一年間の大河ドラマを見終わったという感じ 

オーリエント..と同じくダークファンタジーなのだが 

征服するものとされるもの 民族間の物語だからなのか 

私にはこちらの方が重かった

「神話」という言葉が似あうような物語 

読んでいてオーリエント..よりも話の進み方に 

何とも言えない違和感(としか表現のしようがない)のようなもの

を感じていたが作者さんの後書きを見ると

相当な難産のすえの物語だったようだ 

納得 

が物語に思い切り浸りました

 

 

 

滅びの鐘

滅びの鐘