縁見屋の娘

なんとも不思議な感じの本だった。

時代物で ミステリーのようでファンタジーのようで 恋物語のようで..

ひとつ間違えれば全てが中途半端で 

物語が台無しになってしまいそうな所を

危うい瀬戸際のところで踏みとどまったような感じがした。

それが作者の力量なのか偶然なのか この1冊ではわからないが..

最後の部分は想像がつく終わり方で

ちょっと物足りなかったけれど 楽しめた本だった。