さまよう刃

一番納得のいかない むかつく嫌いな終わり方で

読まなければよかったとさえ思った 

確かに少年法についていろいろ考えさせられる物語だけれど.. 

後味の悪い終わり方というのは ミステリーが大好きなので慣れているけれど 

これは終わりがただ衝撃的なだけで

尻切れトンボに放り出されたような感じを受けた 

問題提起といえばそうなるんだろうけれど 

物語の長さのすえのこの終わり方は納得がいかなかった 

やはりこの方の本は性に合わないのかな

 

 

さまよう刃 (角川文庫)

さまよう刃 (角川文庫)